新人保育士はどう振る舞うべき?先輩保育士からみた「新人保育士の振る舞い」

新人保育士さんの悩み・質問

保育士として就職した、保育実習で新しい保育園に行くことになった・・・保育士さんや保育士を目指す学生さんであれば、そんな「新人として新しい保育園にいく」という機会があると思います。

でもそんな時に気になるのが、「分からないことが多すぎて、先輩たちに大迷惑をかけているんじゃないかな・・・?」ということ。

私も保育園に就職して最初の1~2年はいつもびくびくしていました。

そんな保育士さんに、「先輩保育士さんたちは新人保育士さんに対してこう思っている!」というのをまとめてみました。何もできないし怒られてばっかり・・・としょんぼりしている方も、ぜひ読んでみてくださいね。

新人保育士さんの悩み・質問
新人保育士さんの悩み・質問

「ミスばっかり・・・」という新人保育士は嫌?

一番気になるのが、自分がミスをしてしまったときに先輩はどう思っているのか・・・ということですよね。

多くの保育士さんが口を揃えていうのが、「新人だから、ミスはしょうがないこと!」という言葉。今ばりばり働いている先輩保育士さんたちも、最初から仕事ができる保育士だったわけではないんです。

私も、ミスをしてしまった保育士さんをみていると「ああ自分の新人時代も同じことをやったなあ・・・」と懐かしく思ってしまいます。もちろん、保育士さんに対してはちゃんと指導をしますが^^

でも「新人なんだからミスをしてもしょうがないじゃない!」と開き直ってはいけません。何かミスをしてしまった時は、カバーしてくれた先輩保育士さんや指導してくれた保育士さんに対して、しっかりお礼をいうようにしましょう。(実際、カバーしてくれるなどのサポートが整っていない保育園も、世の中にはあるんです・・・。)

また、次に同じことがおこったら正しい対処ができるように、業務後にイメージトレーニングをしておくとか、毎日ノートにまとめて見返し忘れないようにする、など、予防に努めましょう。

1回めは「知らないからしょうがない!」とサポートしてくれる先輩保育士も、同じことが3回も4回も続くと、「この前言ったことをちゃんと聞いてたのかな・・・?」と思ってしまいます。

先輩保育士さんからの指導のなかで、「じゃあこんな時はどうすれば?」という疑問があれば、遠慮せず聞くようにしましょうね。

先輩保育士さんが言う「新人保育士の姿勢」

「仕事ができないのは当たり前。でも●●してほしい!」というのをよく先輩保育士さんから聞きます。

ミスが多くても、知らないことがあるのも、新人だから当たり前。これから覚えていけばいいんです。

では、新人保育士が身につけておくべき姿勢とはどんなものなんでしょうか?

笑顔で明るい

ミスをしてしまったからといって、いつまでも暗い顔をされていたら、「これ教えてあげようかな」と思っても声がかけづらいですよね。

子どもたち相手の仕事なので、暗い顔だと子どもや保護者さんにも心配されてしまいます。

きちんとメモをとる

なにかアドバイスをしたときに、次おなじミスをしないか先輩は心配してしまうもの。ちゃんとメモをとって、対策していることをあぴーるするようにしましょう。

筆者

保育士をしています。40代、首都圏在住。

まとめ

自分も新人時代、たくさん怒られて毎日悩んだり、落ち込んだりしていました。

でも今となっては、あの時期にたくさんのことを知ったり経験することが出来てよかったなと思っています。新人保育士のみなさん、一緒にがんばりましょうね!


コメントを残す