「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと【その2】

「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと

保育士をしていると「もう辞めたい・・・」と思うこともありますよね。前回は、保育士さんのお悩みをたくさんご紹介しました。

今悩んでいる保育士さん、同じような悩みを抱えている保育士さんはあなただけではありません。同じように辛いと思っている保育士さんは、たくさんいるんです。

では、「もう仕事いきたくない・・・」と思ってしまうくらい仕事が辛いときは、どうすればいいのでしょうか。

「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと
「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと

労働条件がきつい、そんなときは

もし労働条件が原因の場合は、少し転職サイトを見るのはどうでしょうか。転職をするときでなくても、転職サイトはみていいんです。ご自身の働かれてる園とは違う園を見ることで、何か変わってくるかもしれません。もしかしたら、良い保育園との出会いもあるかもしれません。

社会的にも、保育士さんの労働環境は問題になっています。なので、改善しようとしている園も たくさんあります。完全週休2日の園や、賞与や給料面に力を入れている園もあります。

肩に力を入れず、気軽な気持ちで、まずはいろんな園の見学に行ってみるのも、今の環境を見直すきっかけになるかもしれません。

いきなり転職活動をする、となると、やることがたくさんであたふたしてしまいます。じっくり考えて「転職したいなあ」と思ったら転職をすればいいんです。焦る必要はありません。

ゆっくりで大丈夫ですので少しずつ前向きに進んでいきましょう。

自分の意思を大切に

何よりも1番大切なのが、ご自身の気持ちです。「行きたくない」「辞めたい」そんな自分の気持ちを、ちゃんと受け止めるようにしましょう。

「こんなこと考えるなんて、ダメな保育士だなあ・・・」と自分を責めることはありません。

仕事を辞めたいと言うと、周りに「そんなに仕事は甘くない」と言われてしまったり、責められてしまうこともあるでしょ う。

仕事に対しての考え方は人それぞれ違います。なので、その考えも1つの考えです。

ただそれが全てではありません。

少しでも笑顔で仕事ができるように、転職 や労働条件を変えようとすることは逃げではありません。なのであまり思いつめないでください。

筆者

保育士をしています。40代、首都圏在住。

まとめ

私たちは、1日の半分以上を仕事をしています。そう考えると一生の うちほとんどの時間仕事をしているということになります。

なら楽しいほうがいいです。笑顔でいれる方がいいと思います。

それは決して楽をすると言わけではなく、大変だけど楽しいと思う環境に少しでもいるほうがいいと私は思います。

そして何よりも、好きな仕事を嫌いになってほしくありません。なので、今悩んでいる方は、こ のブログを見て前向きに少しでもなってくれていたら嬉しいです。

保育士になりたいと思ったときの気持ちがなくならないように、力になれたら嬉しいです。

悩みに大きいや小さいははりませんなので恥ずかしいとは思わないでください。きっと近くに同じ悩みで悩んでいる人はいます。あなたは1人じゃないですよ。それだけは忘れないでください。


コメントを残す