もう保育士辞めたい!というときのストレス解消の方法【後編】

もう保育士辞めたい!というときのストレス解消の方法

前回は、保育士さんが「もう辞めたい!」と思ってしまうようなストレスと、それぞれのストレスに対する対処法をご紹介しました。

実際にやってみたストレス解消法はありましたか?

それ以外にも保育士さんが抱えているストレスはいっぱい・・・。今日は引き続き、保育士さんが抱えているストレスとそのストレス解消方法をご紹介いたします。

保育士さんでない方にとっては、まさか!というような意外なものもあるかもしれません。

もう保育士辞めたい!というときのストレス解消の方法
もう保育士辞めたい!というときのストレス解消の方法

子どもとの接し方がめんどくさい!

なんと、子どもが大好きで選んだ保育という仕事なのに、子どもと接するのが苦手になってしまった!という保育士さんもいます。
これは自分が思い描いていた子どもと、実際の子どもがあまりにもかけ離れているために起こることです。

保育士さんが「子どもが苦手」というのは少し驚きですよね。でも、苦手になってしまうのには理由があるんです。

こんなはずじゃなかった!な子どもたち

保育士さんでない人でも、子どもときくと「にこにこ元気でかわいいなあ」というイメージをお持ちの方が多いと思います。特に、子育てを経験していない若い世代の方々はそうなんじゃないでしょうか?

そんな新人保育士さんがよく抱えるのが、保育園で実際に働くようになって「こんなはずじゃなかった!」と子どもにギャップを感じる、というストレスなんです。

あなたが描いていた子どもというのはどんな子どもですか?

にっこりと笑って、なんでもきちんと言うことを聞く子ども?

あなたににこにこなついて話しかけてくる子ども?

先生だいすき!大きくなったら先生みたいになる!そういってくれる子ども?

確かにそう言った子どももいます。
でも、そうではない子どももいます。

泣きわめいたり、いやがったり、逃げたり、たたいたり・・・

子どもは様々な顔をみせますし、いろいろな関わり方をしてくるものなんです。

それが個性ですよね。

個性と思って、優しく見守りましょう

イヤイヤ期と呼ばれる2、3歳児の担任になると、こういった煩わしさは倍増します。なにを言っても「いや!」という返事だし、言うことは聞かないし、お友達とも仲良くできない・・・。新人保育士さんでしたら、こんな状況どうしよう!と困ってしまいますよね。

しかし、ワガママを言われるということはあなたに気を許しているという証拠でもあります。

イヤイヤ期は、人間の成長においてふつうのコトなんです。むしろ、この期間があることを、「適切に成長している」と前向きにとらえてあげましょう。

ストレスに感じず、多くの選択肢を子どもに与えてあげることで、両方ともがストレスを抱えないようにすることもできますよ。

魔の2歳児、魔の3歳児はどうする?

イヤイヤ期の2歳児、3歳児は通称、「魔の2歳児」「魔の3歳児」と呼ばれていますね。

それくらい、保育士でも手をやくのがこの期間なんです。保護者の方も、家で悪戦苦闘している・・・というケースも少なくありません。

2歳児・3歳児の特徴や成長発達について正しく把握し、正しい発育をうながすためにどんな関わり方をしていくべきなのか、ということを把握しておくようにしましょう。

そうすれば、「きっと今はこういう状態なんだ」と理解しやすくなります。

また、子どもとの接し方について保護者の方ともよくコミュニケーションをとることで、異変などにも気付きやすくなりますし、保護者の方とも良好なコミュニケーション機会になりそうです。

筆者

保育士をしています。40代、首都圏在住。

まとめ:自己診断をしてみよう!

もし、あなたが保育士を「辞めたい!」と思ったのなら、何が原因でそうなったのか考えましょう。
原因を追及することで、もしかすると新しい対処法が見えてくる、といったこともあります。

それでも、ストレスが改善しない時は、あなたの心が壊れてしまう前に職を変えるということも重要な決断です。


コメントを残す