【悩んだらすぐ求人選び】保育士のシーン別お悩み紹介【後編】

保育士のシーン別お悩み紹介

保育士になったはいいけど右も左も分からないことばかり!保育実習中なんだけど、これはどうするの?そんな悩み・疑問を抱えている保育士さん、ぜひご覧ください。

前回は、新人保育士さんに多い悩みの1つ目として「掃除の悩み」をご紹介しました。

まさに今同じ悩みを抱えている保育士さんも多いのではないでしょうか?逆にベテランの保育士さんたちは「そんなこともあったな~」と懐かしく感じているかもしれませんね。そんな保育士さんは、自分の保育園の若い先生たちが悩んでいないか、ちょっと気にしてあげてみてください。もしかしたらあなたの知恵が新人保育士さんをぐっと楽にするかもしれません。

私も保育士になりたての時はわからないことだらけで、毎日帰宅してから学生時代のテキストをひっぱりだして格闘していました。今は、教科書意外でも様々なコンテンツが豊富にあります。
保育士さん向けのコラムなどもたくさんありますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね♪

ちなみに、私がよくみているのはこちらのサイト→ 保育士の家(求人待遇問題から人間関係まで)

今日は引き続き、保育士さんに多いお悩みをご紹介していきます。

保育士のシーン別お悩み紹介
保育士のシーン別お悩み紹介

先輩保育士との悩み

少しキャリアを積んでくると今度は自分の理想の保育が求めれるようになってきます。
しかし保育園と言うのは女社会で縦社会です。

ベテランの保育士は自分が今までやってきた保育に「プライド」を持って取り組んでいます。
若手保育士は新しい感性でやりたいことがあります。

自然と衝突しますね。

「先輩保育士と意見が食い違うけど、言えない」

などと言った悩みを持つ先生は多いのです。
経験を重ねれば重ねるほど、保育のやり方が確立してしまいますので方向性が食い違うとなかなか難しいですね。

責任が大きすぎる悩み

他の業界よりはるかに多いのが、責任が大きいということです。
子どもの命を預かるという重圧が、保育士には大きくのしかかります。

「保育中にケガをさせてはいけない、と思うと、なかなか思いっきり活動できない。」

何か事故があってからでは遅いので、事前に対策が必要になります。
そしてこれに合わせて保護者に対する悩みも多いのです。

「ケガをさせてしまったら、保護者からのクレームが怖い」

のびのびと園庭を駆けまわる子どもたちですから、どうしても転んで膝をすりむいてしまう・・・ということもよくあります。

そんな傷に対しても、「保育園でいじめがあるのでは?」というクレームがはいることがあるのです。

そんなことを防ぐために、最近の保育園では子どもたちの怪我に人一倍アンテナを立てていて、ちょっとでも身体に傷ができたら、いつ何をしていてどんな怪我をしてしまったのか+謝罪の言葉を連絡ノートに書かなくてはなりません。

それでも子どもたちはお構いなしに走り回りますから、1日外遊びをしただけで謝罪か・・・と思うと、げんなりしてしまいますよね。のびのび保育にあこがれていたはずなのに、実際に保育士になってから、遊びの時間がちょっと怖いという保育士もいると聞きます。

最近の保護者は自分勝手な人が多いとも言います。
この悩みは保育士という仕事を続けている限りなくならない悩みになってくるのでしょうね。

プライベートにも影響する悩み

保育士というのは、実はプライベートもあるようで、全くない時もあります。
それは休日、誰かと出かけていたりする時も起こります。

「休日にデートをしていたら、保護者に見つかった。
次の日に早速、言いふらされ芸能人のように隠れてデートをしなくてはいけなくなった。」

出会ってしまうというのは、仕方のないことです。
しかし保護者と出会うと、いくら勤務時間外とはいえ「保育士」にならなくてはいけなくなります。

何をしてようがあなたの勝手ですが、少し肩身の狭い思いをするかもしれませんね。

自分の子どもに対する悩み

働くママさん先生も多いこの業界。
働くママさんに理解があって働きやすいと誤解もされています。

「子どもの熱が出たと連絡が入っても、他の家族に迎えに行ってもらえと、強要される。」

実は保育士さんでもこういった軋轢はあります。
保育園にとっても、保育士さんが早退するのは勤務に支障が出るんですね。

更にちょっと特殊なケースも。

「自分の子どもが預けている保育園で「あの子保育士さんの子どもなのにね。」と陰で言われていないか心配」

というのもありました。
確かに、子どもの母親が保育士さんであるということは、家でもしっかりケアして生活習慣が身についているというイメージもありますね。

実際には仕事が忙しすぎて、難しい面も多いですよね。

筆者

保育士をしています。40代、首都圏在住。

まとめ:本当にたくさんの悩み

いかがでしたか?
あなたの悩みと寄り添うものはありましたか?

保育士さんと言うのは苦労の多い仕事です。
こういった悩みを理解できるのは同じ仕事をしている仲間です。

あなたの周りに悩みを分かち合ってくれる理解者は居ますか?
もし、恵まれていないのなら悩みを共有できる新しい出会いを求めてもいいのではないでしょうか?


コメントを残す