• 保育士 モテる
  • 恋も仕事もがんばりたい!気になる「保育士の恋愛事情」とは【その2】

    気になる「保育士の恋愛事情」とは

    前回は保育士さんの恋愛のお悩みについてご紹介しました。

    実はまだまだ保育士さんは恋愛についての悩み事があるんです。今回はそのうちの3つめ・4つめをご紹介します。

    気になる「保育士の恋愛事情」とは
    気になる「保育士の恋愛事情」とは

    保育士の恋愛事情3.忙しくて彼氏に会えない

    少ないチャンスを活かして、彼氏をつくった後の保育士を見ていきましょう。

    一般企業に勤めるOLさんでは、毎日の退社時間はだいたい同じで、土日もちゃんと休日になります。けれども、保育士は朝早くから夜遅くまで仕事をしたり、ときには土曜出勤しなければならなかったりするため、彼氏と会うための時間をつくるのに苦労してしまうことが少なくありません。

    とくに、翌日に早番を控えた状態でデートしていると、「明日の朝は7時前に保育園に行かなきゃ、だから早く帰らないと…」と、どうしても集中できません。それを彼氏に言えば、彼氏としても面白くありませんよね。翌日の早番のためにケンカしてしまったという保育士も珍しくありません。

    もちろん、勤務時間が変わることがある職業は他にもありますが、なかでも毎日の勤務時間がよく変わる保育士に対しては、一般的な職業の男性には理解が得られにくいこともあるようです。

    しかし、働き方の多様化によって、さまざまな勤務形態が一般的になってきたこともあります。まずは彼氏に自分の勤務形態をしっかりと説明しておいた方がいいでしょう。ただ、その時の伝え方ひとつで、その先の恋愛がうまくいくかどうかが変わってくることがあります。

    「本当はもっと一緒に居たいなぁ。ただ、明日が○時出勤だから、今日は一緒にいられるのが△時までなんだ…。だから、そこまではいっぱい楽しもうね!」というような説明ができれば、きっと彼氏も機嫌を損ねずに、楽しいデートの時間を過ごせるのではないでしょうか。

    また、保育士になったことによって、知らず知らずに男性への接し方が変わってしまう保育士が意外と多いといわれています。それは、1年目からクラスを受け持つ保育士は、その責任感から気が強くなってしまう傾向があるようです。

    気が強くなった保育士を見て、彼氏から「前はもっと頼ってくれたのに…」、「自分と付き合わなくても、平気そうだよね?」などと言われてしまう話もよく聞かれます。もちろん、彼氏に甘えたい気持ちを忘れてしまったわけではありません。ただ、仕事では誰かに甘えられる立場ではありませんので、それが習慣になってしまうと仕事モードで彼氏に接してしまうこともあるため、彼氏の気持ちが離れてしまったという失敗談も少なくありません。

    強い責任感をもつ保育士でも、上手に甘えられるようなお相手が見つかればいいのでしょう。ただ、男性の心理としては、いつもは彼女に甘えてもらいたい気持ちが強くなり、ふたりの時間では逆に甘えたい気持ちが強くなることを知っておきましょう。

    保育士の恋愛事情4.結婚してからのイメージができない

     

    保育士といえば、ハードワークなのに安月給という強いイメージがあります。若いうちはともかく、年齢を重ねてからは体力も落ちてくるし、一生の仕事として続けていけるのだろうか、明るい将来があるのだろうかと思い悩む人が少なくありません。

    とくに、毎日のハードワークによって、結婚後も保育士を続けられるのかについて、悩むポイントに挙げる保育士が多いようです。

    筆者

    保育士をしています。40代、首都圏在住。

    まとめ

    少子化の時代と言われるようになり、社会には働く女性が増えました。それによって、子どもを保育園に入れたい女性も増え、常に保育士は不足している状態です。また、保育園だけではなく、託児施設のある病院やスポーツセンター、一時預かりができるデパートや自動車学校も増加しているため、保育士の資格を持っている人材はさらに需要が高まっています。

    ただでさえ休暇を取りにくい保育園の正職員では、結婚や出産をしてからも勤め続けることへのイメージを持てず、将来性を感じないと考える保育士が少なくありません。けれども、どこの保育園も不足している保育士を、どうにかして確保したいと必死になっています。結婚や出産を機に退職されては困るため、子どもに手がかかる時期ではシフトを外してくれたり、優先的に休暇を取れたりできるような配慮をしてくれる保育園も増えました。また、たとえ正職員から離れたとしても、高まる保育士の需要を背景として、子育てが落ち着いた後にもう一度正職員になるケースも、他の業種と比較しても可能性が高い傾向があります。その点からしても、やはり保育士という資格を持っていることは、女性のキャリアを考えても有利に働くのではないでしょうか。

    現在では、給料に魅力を感じる人が増えてきた看護師も、以前は「ハードワークで安月給」の代名詞的な職業でした。高まるニーズが看護師の労働環境を改善してきたことから、高い需要が期待できる保育士もまた、待遇面が改善される日が近いかもしれません。このため、保育士は将来性がある職業といえるのではないでしょうか。

    こういった事情から、恋愛に興味がなくなる・・・という保育士さんが多いのも、うなずけるのかもしれません。

     

  • 保育士 モテる
  • 恋も仕事もがんばりたい!気になる「保育士の恋愛事情」とは【その1】

    気になる「保育士の恋愛事情」とは

    憧れの保育士になったのに、どうして悩みが尽きないのでしょうか。毎日の業務はもちろん、上司や先輩との人間関係、保護者への対応などでストレスはたまる一方です。

    しかし、身近に悩みを打ち明けられる先輩や同僚がいたら、きっと心強いのではないでしょうか。

    今回は、頼りになる先輩保育士から聞いた、保育士の悩みを見ていきましょう。プライベートな悩みにも、注目していきますよ!

    気になる「保育士の恋愛事情」とは
    気になる「保育士の恋愛事情」とは

    保育士の恋愛事情1.「彼氏が欲しい…」

    第1位 看護師

    第2位 保育士・幼稚園教諭

    第3位 公務員

    さて、これは何のランキングでしょうか?

    保育園の5歳児クラスの女の子に「将来なりたい職業は?」というランキングではありません。

    そう、これは「男性が結婚相手に選びたい女性の職業ランキング」です。

    よく「保育士は男性からモテる!」といわれますが、実際のところはどうなんでしょうか?

    男性からすると、保育者「子どもが好きだから、きっと優しそう!」という印象が根強くあります。さらに結婚相手にしたい女性には、家庭的なイメージを求めます。優しい女性、甘えられる女性、いい母親になりそうな女性を、男性は結婚相手に求める傾向があります。

    現役保育士に、「やっぱり、保育士ってモテるの?」と質問してみました。すると、意外にも「そんなにモテないんですよ…」という声が多く聞かれました。

    とはいえ、保育士の友達を持っている女性に同じような質問をしてみると、「保育士の友達が参加するっていうと、男性陣の合コンへの集まり方が変わる!」といいます。男性にとって、保育士への人気が高いのは事実のようですね。

    保育士の恋愛事情2.出会いのチャンスがない

    保育士は男性から人気の高い職業なので、出会いのチャンスもたくさんありそうなイメージですが、実際にはどうなのでしょうか。

    保育士が勤めている保育園は、女性が中心の職場であり、男性との出会いは現敵的なのです。

    そのため、男性から人気のある保育士ですが、出会えるチャンスがないことが悩みになっているようです。

    それでは、どのようにして保育士は男性と出会えるチャンスを見つけているのでしょうか。キーパーソンは「職場の同僚」です。仲のいい同僚にお友達を紹介したり、逆に紹介してもらったりして、出会いのチャンスを広げていきます。お互いのカップル同士が知り合いになることも多いため、ダブルデートなどで楽しい時間を過ごせるのもうれしいですね!

    また、最近増えてきたのが、SNSに出会いを求めるケースです。たとえば、Facebookをきっかけにしたり、母校のツイッターからつながったりするケースが多いようです。母校が同じだったり、趣味などに共通点が合ったりすると、それだけで親しくなりやすいものですよね。

    もちろん、出会いの定番としての合コンや街コンでも、ステキな男性と出会える確率が高まります。男性からすると、保育士というだけで悪い印象を持たれにくいものですね。

    職場の中に出会えるきっかけが少ない保育士だからこそ、職場の外へ積極的に出会いを求めて足を運ぶことが大切です。

    筆者

    保育士をしています。40代、首都圏在住。

    まとめ

    いかがでしたか?保育士がモテる職業、でも実際は出会いがない!というのは私の若いころからもずっと言われていました。

    でも最近は昔と違って、SNSでの出会いも増えてきたりなど出会いの場が多様化しているので、良い人と出会えるチャンスもふえているようですね。また、男性保育士さんも増えてきつつあるので、保育園内で職場結婚・・・というのも耳にします。

    ただ、職場恋愛は保育園の雰囲気によってはかなり気まずくなったり、別の園に異動になったり・・・というケースもあるので十分注意してくださいね。

    次回は、引き続き保育士さんのお悩みをご紹介していきます!

  • 保育士 悩み
  • 「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと【その1】

    「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと

    好きで始めた仕事でも「辞めたい」と思うことは、どんな仕事をしていてもあると思います。

    まずはひとりで抱え込まず誰かと話してみましょう。このブロ グを読んで何か気持ちの変化があればいいなと思います。

    「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと
    「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと

    保育士辞めたい、その理由は?

    辞めたいと思う理由は、人それぞれあると思いますが、人間関係であったり、お仕事内容であったり・・・。実際にその保育園で働いてる方にしかわからないことも、たくさんあると思います。

    同じ悩みを抱えている人がいることで、少し救われることもあるのではないでしょう か。

    私が日々話している保育士さんたちの中には、パワハラで悩んでいる方もいます。最近問題になっている「モラハラ」でなやんでる方もいます。

    最近ニュースの話題にもなっていますが、給料がやすかったり、流産するほど仕事がきつかったり、という業務内容で悩んでいる保育士さんもいらっしゃいますよね。

    子どもが好きだからこそ辞めたい?

    子供が好きだからこそ、その仕事を嫌いになりたくない・・・と仕事をやめようか悩む方もいます。

    また、あまりの仕事の忙しさに、「子ども1人1人のことではなく、自分の仕事をうまくまわすことしか考えられていない。保育士としてだめなんじゃないか」と悩んでいる保育士さんも多いかと思います。

    そんな保育士さんの話を聞くと、子どもが大好きで、子どもたちを安全に健やかに育てるために保育士になったのに、現実でやっていることをかんがえると虚しくなってしまう・・・というのもうなずけます。

    も し今続けようかやめようか迷っているのであれば、まず転職を考えるのも1つの解決方法だと思います。

    保育士辞めたい、と思った時に考えるべきこと

    何をきっかけにやめようと思いましたか?

    そこが大事なこ とだと思います。

    同僚の方はとても良い方。でも上司の方と合わないですか?

    労働条件によって体調を崩してしまったり、ストレスが溜まっていますか?

    もし上司の方 と合わない場合は、まず仲の良い同僚の方と話してみましょう。同じことで悩んでいるかもしれません。1人では解決できないことでも誰かと話し合うことで解決策が見つかることもあります。

    つらいことや悲しいことも悔しいこともたくさんあると思います。そのことも話してみましょう。泣きたくなったら思いっきり泣きましょう。

    我慢をすることも時には大切ですが、泣いても大丈夫です。仕事の悩みと言うのは同じ仕事をしている人にしかわからないことが多いです。なので話してみましょう。

    筆者

    保育士をしています。40代、首都圏在住。

    20年くらい保育士をしていると、いろいろな悩みを抱える保育士さんの相談にのることがあります。少しでも、自分の経験が参考になればいいなと思います。

    まとめ:仕事がつらい、そんな時の対処法は後編

    保育士さんのお悩みを中心にご紹介してきました。同じ悩みをもっている保育士がいることに、安心した保育士さんもいるのではないでしょうか。

    次回は、「仕事がつらい・・・」と思っている保育士さんの対処法についてご紹介いたします。

  • 保育士 おすすめ
  • 新人保育士はどう振る舞うべき?先輩保育士からみた「新人保育士の振る舞い」

    新人保育士さんの悩み・質問

    保育士として就職した、保育実習で新しい保育園に行くことになった・・・保育士さんや保育士を目指す学生さんであれば、そんな「新人として新しい保育園にいく」という機会があると思います。

    でもそんな時に気になるのが、「分からないことが多すぎて、先輩たちに大迷惑をかけているんじゃないかな・・・?」ということ。

    私も保育園に就職して最初の1~2年はいつもびくびくしていました。

    そんな保育士さんに、「先輩保育士さんたちは新人保育士さんに対してこう思っている!」というのをまとめてみました。何もできないし怒られてばっかり・・・としょんぼりしている方も、ぜひ読んでみてくださいね。

    新人保育士さんの悩み・質問
    新人保育士さんの悩み・質問

    「ミスばっかり・・・」という新人保育士は嫌?

    一番気になるのが、自分がミスをしてしまったときに先輩はどう思っているのか・・・ということですよね。

    多くの保育士さんが口を揃えていうのが、「新人だから、ミスはしょうがないこと!」という言葉。今ばりばり働いている先輩保育士さんたちも、最初から仕事ができる保育士だったわけではないんです。

    私も、ミスをしてしまった保育士さんをみていると「ああ自分の新人時代も同じことをやったなあ・・・」と懐かしく思ってしまいます。もちろん、保育士さんに対してはちゃんと指導をしますが^^

    でも「新人なんだからミスをしてもしょうがないじゃない!」と開き直ってはいけません。何かミスをしてしまった時は、カバーしてくれた先輩保育士さんや指導してくれた保育士さんに対して、しっかりお礼をいうようにしましょう。(実際、カバーしてくれるなどのサポートが整っていない保育園も、世の中にはあるんです・・・。)

    また、次に同じことがおこったら正しい対処ができるように、業務後にイメージトレーニングをしておくとか、毎日ノートにまとめて見返し忘れないようにする、など、予防に努めましょう。

    1回めは「知らないからしょうがない!」とサポートしてくれる先輩保育士も、同じことが3回も4回も続くと、「この前言ったことをちゃんと聞いてたのかな・・・?」と思ってしまいます。

    先輩保育士さんからの指導のなかで、「じゃあこんな時はどうすれば?」という疑問があれば、遠慮せず聞くようにしましょうね。

    先輩保育士さんが言う「新人保育士の姿勢」

    「仕事ができないのは当たり前。でも●●してほしい!」というのをよく先輩保育士さんから聞きます。

    ミスが多くても、知らないことがあるのも、新人だから当たり前。これから覚えていけばいいんです。

    では、新人保育士が身につけておくべき姿勢とはどんなものなんでしょうか?

    笑顔で明るい

    ミスをしてしまったからといって、いつまでも暗い顔をされていたら、「これ教えてあげようかな」と思っても声がかけづらいですよね。

    子どもたち相手の仕事なので、暗い顔だと子どもや保護者さんにも心配されてしまいます。

    きちんとメモをとる

    なにかアドバイスをしたときに、次おなじミスをしないか先輩は心配してしまうもの。ちゃんとメモをとって、対策していることをあぴーるするようにしましょう。

    筆者

    保育士をしています。40代、首都圏在住。

    まとめ

    自分も新人時代、たくさん怒られて毎日悩んだり、落ち込んだりしていました。

    でも今となっては、あの時期にたくさんのことを知ったり経験することが出来てよかったなと思っています。新人保育士のみなさん、一緒にがんばりましょうね!